ブラックラビリンス

アニメを中心として、コミック、ゲーム、F1などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

スキップ・ビート! 第8話「一蓮托生」

第8話1
第8話「一蓮托生」

はじめからなかなかインパクトのある始まりwww

蓮と尚の人形をもてあそんでいるところからのはじまりですからwww

「打倒敦賀蓮!必殺不破松太郎!」

松太郎は必殺ですかwww



第8話2
さて話を元に戻して・・・

前回瑠璃子の矯正を完了したキョーコ。

(本人は自覚なしですがwww)

蓮を見返すために演技の勉強を始めようとするキョーコですが途中で琴南奏江と遭遇します。

オーディション以来ですね~

奏江は三次審査でしたっけ?

そこで自分の気持ちを正直に答えてしまうわけで、落ちてしまったけど、奏江の才能を失うのは痛いというLMEが奏江の愛を育てるということで・・・

晴れてラブミー部員になりましたとさwwwww

キョーコの怨キョウ本領発揮ですね~

これは呪いですねwww

一種の特殊能力ですねwww



第8話3
さて話はキョーコ、奏江が学びに行こうとしていた俳優養成所へ。

ここでキョーコは社長の孫のマリアのことを頼まれます。

マリアは今回の養成所のメンバーで発表するストーリーが、マリアの境遇に似ていることによって、マリアの癪に触ってしまったから邪魔しているというらしい。

それにしても、今回は奏江がおもしろすぎです。

怨キョウに憑かれ、養成所の人間に演技を見せつけ、ラブミー部でマリアの問題をなんとかしたら養成所への入学金、授業料免除と聞くや否やラブミー部であることを正当化するしwww

とんだ天邪鬼(っていうのかな?)ですねwww

しかし最凶である怨キョウを跳ね除けましたね~

奏江のプライドも強いwww



第8話4
さて、マリアのことですが・・・

まずおびき出すために出てきました、キョーコお手製、蓮人形(と尚太郎人形)

簡単に出てきましたねwww

マリアが言うにはおまじない(怨念)がこもっているらしいwww

さて、キョーコはマリアと同じように今回の芝居のストーリーに文句を言ってしまうわけで、演技をさせられるわけですが・・・

ここで今回は終わりましたねorz

まぁ次回はキョーコの才能が開花するのかな?

次回「天使の言霊」

☆では☆

テーマ:スキップ・ビート! - ジャンル:アニメ・コミック

スキップ・ビート! | コメント:0 | トラックバック:0 |

スキップ・ビート! 第7話「プリンセス革命」

第7話1
第7話「プリンセス革命」

キョーコのシンデレラストーリー。

舞踏会が終わってしまいましたね。

それにしても、鳥肌のたつ回でしたね~

ホント、キョーコの演技には感動しました(T-T)

ヒビの入った脚で正座をこなし、最初のほうはちゃんと演技も行っていたし・・・

最初なんて、正座すらつらそうな感じだったのに・・・

撮影が始まったとたんに女優になりましたからね。

あの変わりようはすばらしかったですね。

第7話4
その根性で蓮の演技を本気にさせたわけですから。

その蓮と対等に演技しようと試みるキョーコですが、さすがに蓮の演技にはかなわないですね。

蓮の演技に引っ張られるように、キョーコも良い演技を行っていく。

監督が言うには、それが蓮のすごいところらしいですね。

蓮の相手役はいつもすばらしい演技をするらしいですが、そのうち、キョーコと共演したときにお互いを引っ張り合って、最高の演技を二人で作っていくっていう話がないかな~と思っています(^O^)

監督も言ったとおり、キョーコが高度な演技を学んだら、すごい女優になりそうです(>_<)



第7話6
とまぁ、演技対決も、キョーコの優勢かと思われましたけど、ヒビの入った脚で最後まで演技をすることは出来なかったですからね~

監督さんは配役を変えるつもりはなかったらしいから、結局はどうしようもなかったわけですけどね。

けど、蓮が舞台を降りるまで役が抜けなかったキョーコもすごかったですね~

「世に武勇伝を残す名優」

と、スタッフさんが言ってましたけど、この言葉が現実になるのではないかな~と黒ラビはふんでいます。

当て馬となったキョーコですが、監督の目にもとまることができたしね。

これはそのうち、この監督の作品に主役として抜擢されることがあるのではないのでしょうか・・・

たぶんwww

第7話5
そして、瑠璃子からも100点をもらうことができたしね~

キョーコはこれに疑心暗鬼に陥ってましたけどねwww

キョーコの演技を見ることによって、昔の自分を取り戻したことへの感謝でしょうね。

まぁキョーコはこれを知ることないので、もとの瑠璃子がなぜ、100点をくれるのかっていうのは疑問に感じることは当然ですけどねwww

最後は瑠璃子も素直になってましたから、キョーコとは良い仕事仲間か友達になりそうですね。



第7話9
さて時間は変わり夜・・・

監督の罪滅ぼしということで、キョーコの役の姿の写真撮影。

これで喜んでくれるキョーコが不憫に思えてきます(T-T)

けど、ここでもキョーコのプライドかな?

演技対決に負けてよかったと・・・

蓮の演技につられてしまったことに腹が立ってしまったらしいですね。

キョーコが言うには蓮の演技は

「詐欺、誘導、遠隔操作、念動力」らしいですwww

そのうち自分の意思で演技できる日がくることを待ち望んでいます(^O^)

そういえば、パパラッチがいなかったな~



第7話10
で、寝室に蓮とマネージャーの社さんに連れて行ってもらうわけですけど、ここでもキョーコと蓮のおもしろいやりとりがみられますね。

それにはさまれる社さんwww

この三人でいるときの社さんがとてつもなくおもしろくなりそうで楽しみです。

で、ここで茶道の話が社さんから切り出されるわけですけど・・・

これで、キョーコの今回の演技がすべて、不破尚のために覚えたってことに気づいてしまうわけですが・・・

でも、これがキョーコの女優人生の始まりで、黒ラビはここがキョーコのサクセスストーリーの始まりだと思っています。

ここで、蓮の手をとったように、シンデレラの話で最後王子とくっつくように、蓮と高みを極めていったりするんじゃないかな~

という展開を望んでいます♪



で、寝室かメイク室でのキョーコもかわいかったですね~

メイクをとるのを嫌がるキョーコ。

蓮の一言

「肌ルックスビジュアル系」

この言葉をキョーコが知ってるのは理解できますが・・・

尚の出ているポスターのロゴですからwww

この言葉をなぜ蓮は知っているんでしょう?

そのことに笑ってしまったwww

蓮も尚のことが気になり始めてるのでしょうかね。

まぁ今の段階では、キョーコが復讐心で芸能界にいて、尚がその復讐の対象ということで気にかけている程度でしょうが・・・

最後もあの演技での根性が復讐心のためのもの知ると、蓮は-10点をキョーコに与えるわけですからね~

しっかりと落としてくれましたねwww



次回は琴南奏江が久しぶりに出てきましたね~

とてもおもしろい展開になりそうですwww

☆では☆

テーマ:スキップ・ビート! - ジャンル:アニメ・コミック

スキップ・ビート! | コメント:0 | トラックバック:2 |

スキップ・ビート! 第6話「舞踏会への招待状」

スキップ・ビート!第6話
第6話「舞踏会への招待状」

キョーコのシンデレラストーリーのお話ですね(^▽^)

ルリコのお世話として仕事をしていたキョーコ。

ひょんなとこからルリコと映画の出演をかけて演技勝負に・・・

映画の監督は演技勝負をさせることでルリコの傲慢な性格を治そうとする。

なかなか策士ですね~



さて今回も怨キョウ出てきましたね~www

ショウだけではなくルリコにも反応してしまいましたね~www

登場シーン「シャバダバ~」だってwww

この怨キョウのキャラがいいですね~

この怨キョウ、勝手に出てきちゃうらしいけど、1匹くらいなら、キョーコの手で押し戻せるらしいwww

(ショウのときは数が半端ないけどねwww)



さぁ、キョーコの演技を始めようとするきっかけとなるこの演技勝負。

キョーコは昔、ショウの親が経営する旅館で女将修行させられていたため、たっている仕草、歩行する様子、完璧でしたね~。

昔やってたことが役にたちましたね~

キョーコはショウのために覚えたことが役に立つというのが不満そうでしたけどねwww

それにしても、キョーコの根性はすごいですね~

骨にヒビが入ってるかもしれない脚ですたすた歩く。

そして次回の話ですけど、お茶会のシーン。

正座をしての演技。

普通に考えたたら、まず無理ですよね~

今の状況は1歩キョーコがリードといったところですか。

ラブミー部としての仕事。

芸能界でルリコに、

「陽のあたらない道を歩かせてあげる」

と言ったとおり、このまま映画の役を勝ち取るか。

それともルリコの逆転があるのか。

まぁ原作読んでるから先知ってるんだけどwww

ここから、ちょっと先がわかるようなこと書くんで、知りたくない人はスルーでお願いします♪





























シンデレラストーリー。

これを考えたら先が少しわかりますね。

0時になったら魔法がとけちゃう。

けれど最終的には王子とくっついて幸せをつかむ。

さぁ、結果がどうなっていくか、予想してみてください(>_<)

☆では☆

テーマ:スキップ・ビート! - ジャンル:アニメ・コミック

スキップ・ビート! | コメント:0 | トラックバック:0 |

スキップ・ビート! 第5話「危険地帯」

「一度出来たことはリハビリすれば治ると思うんです。」

今回はこのセリフが印象に残りましたね~

人に愛され愛すことを病気のように扱うなんて・・・

まぁこのお話は主人公のキョーコのサクセスストーリーだと思うんで、最終的に、ちゃんと治るものだと思ってます。

(アニメでどこまでやるかわかりませんが・・・)

今はラブミー部の主旨と自己満足がごっちゃになってますが・・・



さて、黒ラビは漫画を新刊まで読んでしまったので先がわかってしまっているんですが・・・

黒ラビは今回のお話は短いけれど大好きな話です。

松内ルリコ。(日本最後のアイドルwww)

(キョーコが言うには絶滅危惧種wwwww)

このわがままムスメとのやりとりもおもしろいしね。

今回は途中で終わってしまいましたけれど・・・

極度の日差し嫌い。

キョーコは紫外線アレルギーと勘違い。

これがきっかけでキョーコとルリコの衝突。

次回はおそらくあの展開でしょ~

(ネタバレはしないようにまだ次回のことは書きません。)

キョーコの根性が伺えます。

次回は鳥肌確実ですね。

☆では☆

テーマ:スキップ・ビート! - ジャンル:アニメ・コミック

スキップ・ビート! | コメント:0 | トラックバック:0 |

スキップ・ビート! 第4話「再会の迷宮」

この回は復活のキョーコですね☆

大将がいいところでキョーコにハッパをかけてくれますね~

親代わりみたいなところを感じますね(^O^)

それにしてもショウとキョーコは変な運命でつながってるんですかねwww

ガソリンスタンドでバイトを始めてそこで会っちゃうとかwww

良くも悪くもこれがきっかけで再び芸能界を目指し始めるからね~

「ラブミー部」としてwww

ラブミー部ってwww

いったいどんなことをしていくんだろ?

とんでもない仕事が待ってそうですねwww

それにしてもレンはイジワルですね~

どういった関係になっていくのか・・・

楽しみです(^O^)

☆では☆

テーマ:スキップ・ビート! - ジャンル:アニメ・コミック

スキップ・ビート! | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK| HOME |NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。