ブラックラビリンス

アニメを中心として、コミック、ゲーム、F1などを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

とある魔術の禁書目録 第12話「絶対能力(レベル6)」

第12話1
第12話「絶対能力(レベル6)」

お笑い担当トリオの焼肉パーティから始まりますwww

こもえ先生の超能力講座www

先生が意地悪。

秋沙は焼肉を一人食べながら、ボケるwww

つっこみなしwww

インデックスはこもえ先生の話についていけてない感じwww

ゆる~い空気でしたね~www



第12話2
さて、レールガンを利用しようと、幼い美琴に近づく科学者。

嫌な感じですね。

そんな昔のことを思い出してる美琴の前に当麻が現れます。

第12話3
ここで、アクセラレータのレベル6へと進化させるための説明があるのですが・・・

レベル5のレールガンを128人くらいを倒すことが条件。

実際にはそんなに用意できないから、レールガンのクローンで対応。

しかし、クローンはレベル3が限界。

レベル3だと何人倒せばいいかというと・・・

2万人!

それだけのシスターズが犠牲になっていく。

そして、美琴はそれに気づき、反発してかしこの工場をつぶしていくけど、科学者たちはとまらない。

アクセラレータがいなくなればこの計画自体なくなるけど・・・

美琴ではかなわない。

まぁあの能力は強すぎですからね~

それでも、美琴は自分で決着をつけに行こうとします・・・

かなわないとわかりながら・・・

なんか美琴かっこいい(^▽^)

けどやられてほしくないよ~

当麻もそれがやられるとわかってるので、美琴をいかせようとしませんでしたね。

ナイス当麻(>_<)

しかし、今回は似たようなやりとりばかりで途中飽きてしまったwww

まぁこれは美琴の心情を上手い具合に表現するためなんでしょうけどね。

ホント、今回の美琴はかっこよかった(^▽^)

叫んでる声に萌えたwww



今回は当麻と美琴のやりとりでほとんど終わりましたが・・・

結局、アクセラレータのレベルアップはなんでレールガンじゃないといけないのかわからなかったな~

次回「アクセラレータ」

☆では☆
スポンサーサイト

テーマ:とある魔術の禁書目録 - ジャンル:アニメ・コミック

とある魔術の禁書目録 | コメント:2 | トラックバック:4 |

とある魔術の禁書目録 第11話「御坂妹(シスターズ)」

第11話「御坂妹(シスターズ)」

第1位能力者のアクセラレータ。

能力はベクトル変化。

あらゆるものの方向を変化させることができるらしい。

・・・ひどすぎるwww

ホント最強の能力ですよね~

このアクセラレータ。

レベル6へのレベルアップのために御坂妹(シスターズ)をたおしているらしい。

ひどい話ですね~

御坂美琴はそのために人体クローン生成に協力してるらしい。

ここで疑問はどうして、エレクトロマスター?を倒していくことでアクセラレータはレベルアップが出来るのでしょうか?

別に他の能力者でもいいんじゃないかな~と思ったりします。

その辺を説明してくれないと納得いかないかな~と思いますね~



それにしても、秋沙とインデックスはやっぱりおもしろいね~

特に秋沙の行動は常にボケですからね~

まぁ今回の話には結構無理やりにいれた感がしますけどねwww

☆では☆

テーマ:とある魔術の禁書目録 - ジャンル:アニメ・コミック

とある魔術の禁書目録 | コメント:2 | トラックバック:5 |

とある魔術の禁書目録 第10話「お姉様(みさかみこと)」

第10話「お姉様(みさかみこと)」

美琴のシスターズの話ですね~

それにしても当麻は不運すぎますね~

けど、自販機に2千円を入れる当麻も当麻だけどね~

相変わらず記憶をなくしている当麻ですが・・・

記憶をなくしたままの生活は大変そうですよね~

知らない人なのに実は知ってる人だったりね~

そして、白井黒子きた~

テレポーターの能力者!

便利ですよね~

一番最強の能力だと思ってます。

(理由は前回記述したとおり)



あと、新しいキャラクターでてきましたね~

隣に住んでるメイド学校に通うマイカ。

この話、メイドだしちゃうんだ~って思っちゃいましたね~

そして、前回から当麻の部屋の住人になった秋沙。

インデックスとの組み合わせは最高ですね~

秋沙は黒ラビはお気に入りですね~

良いキャラですwww



さて、今回は美琴のシスターズが生まれた理由は語られなかったかな?

これからは科学側の話が展開していきそうですね~

レベル5の能力アクセラレータも登場してきたし。

最終的にどういう展開になっていくか。

楽しみですね~



次回「シスターズ」

原作(コミック)ではこの時点で登場してない秋沙がどう絡んでいくのか・・・

☆では☆

テーマ:とある魔術の禁書目録 - ジャンル:アニメ・コミック

とある魔術の禁書目録 | コメント:1 | トラックバック:1 |

とある魔術の禁書目録 第9話「吸血殺し(ディープブラッド)」

第9話「吸血殺し(ディープブラッド)」

タイトルがあってないような・・・

秋沙そんなに活躍しましたっけ?

ディープブラッド編さくっと終わってしまった気が・・・

まぁ最初のインデックスの記憶消去編があまりにも長かったからな~



さて、イザードの真意はインデックスの記憶消去ということが目的でしたね~

とうの昔に当麻が解決しちゃってるしwww

ステイルいわく、イザードは最近まで地下に潜ってて現在の状況を把握していなかったらしいwww

ホント、調べたことは無意味に終わっちゃいましたね~

最強と思われた錬金術(アルスマグナ)もなんか欠点があったらしいし。

黒ラビは一回見ただけでは理解できませんでした。

なんで当麻は腕を切られて平気で立っていたのか。

最初はカオスヘッドみたいに幻かなんかかとも思ったが、最後はまたまたベッドの上だったしwww

これはもう一回見ないといけませんね。



さて、話は少し変わり、少々ネタバレを含みます。

黒ラビはこの前、禁書目録の3巻を購入しました。

アニメの通りディープブラッド編かな~と思って中を開けたら・・・

アニメでは次回の御坂美琴編ではないですか(>_<)

これはどっちが正しいストーリー?

原作が気になってしまっちゃって困ってます。

まぁ黒ラビはアクセラレータの能力の持ち主をアニメでは早い段階で出したくないから先にディープブラッド編をやったのではないかと思ってます。

最終的にはアクセラレータと当麻がバトッて終わりかな~と思ってるんで。

それにしても3巻を見た限りではアクセラレータ最強ですね~

さすがレベル5能力者の第1位!

けれども黒ラビはテレポート系が1番使い勝手がいいと思います。

ガラス片とかなんかを体の座標にテレポートさせてしまえば終わりな気もするんでwww

(レイブのバレッテーゼフレアネタですがwww)

テレポートしたものも反射させられたらどうしようもないですけどねwww

☆では☆

テーマ:とある魔術の禁書目録 - ジャンル:アニメ・コミック

とある魔術の禁書目録 | コメント:1 | トラックバック:1 |

とある魔術の禁書目録 第8話「黄金練成(アルス=マグナ)」

第8話1
第8話「黄金練成(アルス=マグナ)」

記憶の失った当麻がステイルに三沢塾へと連れて行かれたわけですけど・・・

一応戦場なのに電話でインデックスと楽しそうに会話www

インデックスかわいかったね~

その行動に妬いてるように見えたステイルwww

さすが幼女好きwww

しかしこの電話がきっかけでインデックスに大変なことが起こるわけですが・・・

それにしてもコインの表と裏。

不思議なことがあるんだが、エレベーターのボタンは押せず、携帯のボタンは押せた?

これは当麻の持ち物だから?

それともイマジンブレイカーの影響?

第8話2
まぁ生徒に襲われたとき、このイマジンブレイカーを利用しようとして当麻を盾にして逃げ出すステイルってwww

一応魔術師ですよねwww

もうちょっとかっこいいところをみせてほしいものですね~www



第8話3
そして、秋沙の登場!

当麻とのおとぼけトークから始まりましたね~

電気警棒を魔法のステッキってwww

どんなボケだよwww

まぁここで、吸血鬼やディープブラッドである姫神秋沙のことについてを教えてもらっていたわけですけど。

秋沙自身は吸血鬼を殺してしまうこの能力を手助けのために使えるというアウレオルスの言葉に協力していたわけらしいです。

しかし、秋沙はアウレオルスの行動に疑問を持ち始めたようですね~

まぁアウレオルスの能力は協力っぽいですね~

記憶を操作できたり、外へと外敵を飛ばしたり・・・

かなり厄介な敵ですね~

けど、頭に手で触れただけでその記憶操作を解除できるイマジンブレイカーも相当なものですがねwww



そして、ラストのあたり。

インデックスが三沢塾へと行ってしまい、アウレオルスに連れ去られたのかな?

アウレオルスの話だと、この二人は知り合い?か顔見知り?だったらしい。

そして、アルス・マグナ。

これは以上ですね~

アウレオルスの本当の実力を見せてくれました。

なんか、聖呪爆撃によって破壊したビルを元の通りになるようしたことをアルス・マグナというらしいけど。

実際は復元より時をまき戻したというほうが正しいのかな?

まぁ、かなりおもしろい展開ですね(^▽^)



次回「ディープブラッド」かな?

秋沙が活躍しそうなサブタイトル♪

☆では☆

テーマ:とある魔術の禁書目録 - ジャンル:アニメ・コミック

とある魔術の禁書目録 | コメント:0 | トラックバック:4 |
| HOME |NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。